野鳥の止まり木

スポンサーサイト

-- --/--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツツドリ

2015 05/06
ツツドリ
ツツドリ
先月、京都府に行ったとき撮影したツツドリです。
この場所は毎年ブルーベリー狩りに訪れる場所です。
初夏、ホトトギスが鳴きながら飛び回って繁殖相手を探しているのを良く見かけます。
飛んでるホトトギスを狙うのですが、いつも惨敗に終わっています(^^;;
今回は、ツツドリが出迎えてくれました。
慌てていたので少しオーバーです(^^;;
何とか撮れたのがこれ1枚です(涙)



「繁殖期のオスの「ポポ、ポポ」という鳴き声が筒を叩くような響きであり、和名はここに由来する。
全長約33cmで、ホトトギスとカッコウの中間、キジバトくらいの大きさである。体型はカッコウなどと同じくスマートだが、体色がやや濃く、虹彩が茶色っぽい。また、メス成鳥には背中側全体が赤褐色の地に黒い横しまを呈した「赤色型」も存在する。
シベリアから中国南部、ヒマラヤ地方で繁殖し、東南アジアからオーストラリア北部にかけての地域で越冬する。ただしマレー半島からボルネオ島にかけては渡りをしない個体群もいる。日本には夏鳥として渡来し、四国以北で繁殖する。
地から山地の森林内に単独で生息するため姿を見る機会は少ないが、渡りの時期には都市公園などにも姿を現す。樹上の昆虫類を捕食し、特にケムシを好む。地鳴きやメスの鳴き声は「ピピピ…」と聞こえるが、繁殖期のオスは「ポポ、ポポ」と繰り返し鳴く。

他のカッコウ科の鳥類と同様に自分で卵や雛の世話をせず、森林内で繁殖するウグイス科の鳥類に托卵する。日本では特にセンダイムシクイ Phylloscopus coronatus への托卵が多い。そのほかに、メボソムシクイ・ヤブサメ・メジロ・キビタキ・オオルリ・サンコウチョウ・ウグイス・ホオアカ・ノジコ・アオジ・モズ・ビンズイに托卵した例が報告されている。」
Wikipediaより


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Template: pink2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 野鳥の止まり木 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。